スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
1年間POGを楽しむために (前半)
1年間POGを楽しむ上でのイベント事や次期POGへ向けての準備に関する事などを月ごとにまとめ
年間スケジュールにしてみました。参考していただきよりいっそうPOGを楽しんでいただければ幸いです。
(※間違いや足りない部分などは、随時加筆・訂正していきます。)


【6月】
■主要レース
・各場新馬戦
■その他行事
・第2次産地馬体検査(北海道)
・サレブレ7月号発売


POGのシーズン開幕です。阪神・福島・函館の3場で新馬戦がスタートします。これから1年後の
ダービー馬、またその他のGIの勲章を指名馬が掴める事を信じて応援しましょう。

競馬雑誌のPOG関連の企画ではサラブレの7月号が6月中旬に発売されます。次期ドラフトが
新馬戦開幕ギリギリに行われるPOG大会に参加されている方はチェックは可能でしょう。実質
ドラフト前のPOG資料最終便といっていいと思います。

各競馬雑誌やweb上で一般参加型のPOG大会の募集が始まっているはずです。雑誌を購入して
応募券を貼って参加するもの、また登録するだけで参加できるweb上のものや、有料携帯サイトの
ものなど様々なPOGが開催されています。1年後、上位入賞のあかつきには賞品がもらえるものが
殆どだと思います。積極的に参加してみては如何でしょうか。

2歳馬のイベントとしては、4月に続いて第2回の産地馬体検査が北海道で行われます。JRAのHP
上での発表や競馬ブック週刊Gallopでの掲載は翌月までずれ込みますが、この時期に行われる
産地馬体検査は函館・札幌入厩に直結しうる場合が多いです。5月後半に行われた北海道開催の
2歳トレーニングセール
での落札馬が2次産地馬体検査を受検した場合は、北海道入厩の可能性
は極めて高いと言っても間違いではないと思います。


【7月】
■主要レース
・2歳新馬戦、ラベンダー賞(OP)、函館から未勝利戦始まる
■市場
・セレクトセール当歳、1歳
・セレクションセール当歳、1歳
・八戸市場1歳
・キーンランド・ジュライセール
・ファシグティプトン・ケンタッキー・イヤリングセール



先月末に行われた2次産地馬体検査の発表が上旬〜中旬あたりにJRAのHP上であるはずです。
要チェック。

今月最大のイベントはなんと言ってもセレクトセールでしょう。当歳、1歳の超良血馬が上場され
ますので、来年度、また再来年度のPOG人気馬がいち早く見ることができます。グリーンチャンネル
でも生中継されますので、実馬の映像をチェックすることが可能です。

また、セレクトセールほどではありませんが、セレクションセールも良血馬が多数上々されます。
こちらもグリーンチャンネルで中継されます。高額取引馬や有力馬主の落札馬はチェックしておき
たいところです。

もう1つの国内市場、八戸1歳市場は小規模ながらもタムロチェリーを輩出。昨年度もマイネレーツェル
を輩出し、意外なPOG活躍馬が出ています。今後も注目は必要でしょう。

キーンランド・ジュライセールはかつてはアメリカ中の良血馬が集まる世界最大級のセールだった
のですが、いまではセプテンバーセールにその傾向は移行されています。かつてはアグネスワールド
マチカネキンノホシブラックホークからFusaichi Pegasusもこのセールの出身と日本での活躍
馬も多数輩出されています。市場の傾向は変わりましたがチェックしてみる価値はあるでしょう。


【8月】
■主要レース
・函館2歳S(jpn3)、フェニックス賞(OP)、ダリア賞(OP)、ひまわり賞(OP)、クローバー賞(OP)
■市場
・HBAサマーセール
アルカナ・オーガスト・イヤリングセール
ファシグティプトン・サラトガイヤリングスセール



POG開幕から最初の重賞、函館2歳Sがあります。開幕直後の新馬戦で勝ちを収めたPOの方、
道営で勝ち上がった評判馬を持っているPOの方には待ちどおしいでしょう。2歳戦最初の重賞を
クリアし、一気にスタートダッシュといきたいものです。

また、夏競馬最後に各競馬場で行われる2歳重賞のステップレースもいくつか開催されます。
とりわけ小倉開催のひまわり賞九州産限定レース。数少ない九州産で未勝利馬でも出走し、
OP特別を勝てるチャンスがあります。順調かつ、目ぼしい九州産の馬がいるようでしたら、ひまわり
狙いで指名してみるのもアリかもしれません。

北海道では、サマーセールが開催されます。セレクションセール上場の選考漏れや、主取り・欠場
等での再上場馬がほとんどで市場価格もそれほど高騰はしませんが、高額落札馬や有力馬主の
購入馬はチェックをしておいても損はないでしょう。意外な掘り出し物があるやもしれません。

海外の2つの市場は日本からは積極的に参加してくることはあまりありませんが、時々日本人も
購入しているようです。


【9月】
■主要レース
・新潟2歳S(Jpn3)、小倉2歳S(Jpn3)、札幌2歳S(jpn3)、野路菊S(OP)、カンナS(OP)、コスモス賞(OP)
 2回札幌開催より500万下レース始まる
■市場
・キーンランド社セプテンバーセール
・ゴフス・ミリオンセール



特に大きな動きはありませんが、秋の東京・京都開催デビュー予定の良血馬が少しづつ入厩して
くるはずです。上位指名の良血馬の入厩情報や追い切り時計に一喜一憂でき、テンションも
上がってくるでしょう。もちろん、その逆の方もいらっしゃるかもしれませんが、今は我慢です(苦笑

この頃になると一口クラブの1歳募集馬は大方出揃います。また1歳馬の血統登録も8割がたされて
いますので、来期の指名リスト作りを始めるのは可能です。

キーンランド社セプテンバーセールはアメリカ中の良血馬が一堂に会する超巨大マーケットです。
当然日本からも大手の馬主さんが毎年のように参加されていらっしゃいます。ワールドクラスの
良血馬の購買は厳しいかもしれませんが、海外セールに強いエージェントの購買馬は是非とも
チェックしておきたいところです。


【10月】
■主要レース
・札幌2歳S(Jpn3)、ききょうS(OP)、芙蓉S(OP)、デイリー杯2歳S(Jpn2)
 エーデルワイス賞(統一Jpn3)、北海道2歳優駿(統一Jpn3)
■市場
・HBAオータムセール当歳・1歳
・タタソールズ・オクトーバーセール・パート1〜4
■その他の地方重賞レース
・未来優駿シリーズ
 若駒賞(
盛岡競馬場)・九州ジュニアグランプリ荒尾競馬場)・平和賞(船橋競馬場
 
兵庫若駒賞園田競馬場)・ゴールドウィング賞(名古屋競馬場


秋の東京・京都開催が始まりPOG人気馬達に動きが出てきているはずです。この次期から一気に
テンションが急上昇してくるのではないでしょうか(笑)。

そんな中、北海道競馬では地方重賞のエーデルワイス賞(Jpn3・1着2000万)が行われます。
牝馬限定戦でこの次期の2歳馬でダート適正のある牝馬を見出すのは至難の業だとは思います
し、実際に中央から積極的に参戦してくる事はあまりありませんが、1着賞金2000万は魅力が
あります。しかし、道営の早期活躍の牝馬はなかなか指名できるものではありませんし、ココは
取れればラッキーというところでしょうか。

また北海道2歳優駿もこの次期に行われます。道営所属馬を指名しているようでしたら、年末の
全日本2歳優駿(Jpn1・川崎)のトライアルレースでもあり1着賞金の2000万円共々出走権をGet's
しておきたいところです(地方所属のみ出走権アリ)。JRA所属馬からも2003年にアドマイヤホープ
が優勝と、比較的積極的に参戦(JRA出走枠4頭)してきますので、交流重賞を積極的に使ってくる
厩舎の即戦力は狙って指名するのも有効な手段でしょう。

そして、2008年より各地方競馬で10月に2歳馬の重賞競走を短期間に集中的に施行する企画
として未来優駿シリーズが始まりました。船橋の平和賞の1着賞金が1200万円とこの中では
飛びぬけており、その他の重賞は1着300万円〜60万円と若干低めですが、地方馬を指名して
いる方なら是非とも獲得しておきたい賞金(POINT)ではないでしょうか。

北海道市場ではオータムセールが開催されます(当歳・1歳)。非常に大きなセールですが、1頭
あたりの平均購買価格はかなり安いです。しかし、当歳セールからはテイエムプリキュアをはじめ
マイネルハーティマイネルスケルツィギャラントアローマーブルチーフマイネルシーガル
エアセレソンディアチャンスが輩出、一歳セールからは、テイエムオペラオーキストゥヘヴン
アポロティアラゴウゴウキリシマ等の重賞での活躍馬が多数出ている事から掘り出し物が多く
チェックは必要でしょう。高額取引馬や有力馬主の落札馬は見ておきたいものです。

タタソールズ・オクトーバーセールは欧州最高のイヤリングセールです。こちらも是非ともチェック
はしておきたいものです。海外セールの日本人購買馬の情報はnetkeiba海外競馬ニュース
同HP内の合田直弘・世界の競馬、もしくはPOG GRAND PRIX掲示板でおくよしIIさんが
紹介して下さる場合もあります。


【11月】
■主要レース
・京王杯2歳S(Jpn2)、東京スポーツ杯2歳S(Jpn3)、ファンタジーS(Jpn3)、萩S(OP)、京都2歳S(OP)
 兵庫ジュニアグランプリ(統一Jpn3)
■市場
・キーンランドノーベンバーブリーディングストックセール(当歳)
・ホッカイドウ競馬トレーディングセール
■その他行事

・○○年生産全国馬名簿(サラブレッド・アングロアラブ)発刊


特に大きな動きはありませんが、10月の北海道2歳優駿につづき全日本2歳優駿(Jpn1・川崎)
トライアルレース、兵庫ジュニアグランプリがあります。こちらもJRA所属馬が積極的に参戦して
きます(出走枠4頭)。中央競馬の2歳戦は来月のGIおよび来年のクラシックを見据えたレースが
多い為、JRA所属馬からはあまり強力な馬はでてきませんが、交流重賞を積極的に使ってくる
厩舎もありますのでドラフト前にはチェックしておきたいところです。

ホッカイドウ競馬では現役の2歳馬を中心としたトレーディングセールが行われます。2008年度
の市場取引馬からはモエレエターナルが南関東移籍後にニューイヤーCやユングフラウ賞の
オープンクラスでの堅実な走りで移籍後既に3000万以上を稼ぎ出し、モエレエキスパート
弥生賞で3着に入り皐月賞出走権を掴み取りました。既出走馬の地方馬を追加指名できる特殊な
POGルールや中央移籍後なら指名できるようなPOGならチェックしておいても損は無いでしょう。


【12月】
■主要レース
・朝日杯FS(Jpn1)、阪神JF(Jpn1)、ラジオNIKKEI2歳S(JPN3)、ホープフルS(OP)
 全日本2歳優駿(統一Jpn1)


POG前半戦の総決算2歳チャンピオンを決めるレースいくつか汲まれています。指名馬は順調に
勝ちあがっているでしょうか。できればこの時期には指名馬全頭のデビューのメドがたっていて
欲しいものです。

来期のPOG的には今月も大きな動きはありませんが、この時期になると市場での取引馬もかなり
出揃い、また一口クラブの募集馬もほぼ出揃います。血統登録も9割がたは登録されているので
はないでしょうか。また反対に言えばこの時期に血統登録さえされていない1歳馬は何らか順調さ
を欠いている、もしくは競走馬になれない可能性があるものと判断しても間違いではないでしょう。

クラブ馬の育成状況も少しづつ更新されていくでしょうから、この時期から少しづつ来期のPOGの
リストを作っていっても遅くはないと思います。来年のPOGはもう始まってきています。


                         <後半につづく>
POG Guide | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment
Trackback URL
http://pgp-info.jugem.jp/trackback/28
Trackbacks
Profile
Search this site
Advertisement