スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
1年間POGを楽しむために (後半)
【1月】
■主要レース
・シンザン記念(Jpn3)、京成杯(Jpn3)、フェアリーS(Jpn3)、ジュニアC(OP)、若駒S(OP)
■その他行事
・2歳馬の馬名が決まりだす(馬名登録)。
・地方では道営から2歳馬の競走馬登録が始まります。
・指定交流競走はじまる(3歳)。



特に大きな動きはありませんが、地方競馬では道営の2歳馬が競走馬登録を、JRA所属馬は
馬名登録(競走馬登録ではない)が少しづつ行われるようになってきます。馬名登録は日本軽種馬
登録協会のHP
で確認することができます。

地方競馬場ではJRA所属馬が出走可能な指定交流競走が始まります。POINTは少ないですが、
ここまで勝ち上れなかった指名馬がPOINTをゲットするチャンスでもあり、それでもダメだったら…、
というラストチャンスでもあったりします。携帯サイト馬三郎のぼく馬メールでも後日結果が配信
されますが、できれば地方競馬のサイトにてご自身で確認されるのが好ましいでしょう。


【2月】
■主要レース
・エルフィンS(OP)、共同通信杯(Jpn3)、きさらぎ賞(Jpn3)、クイーンC(Jpn3)
■市場
・ファシグティプトン社コールダーセレクテッド2歳トレーニングセール
■その他行事
・2歳馬の入厩が少しづつ始まりだします。


海外の2歳トレーニングセールの先陣を切ってファシグティプトン・コールダートレーニングセール
が行われます。一昨年はフライングアップル(スプリングS・3勝)、サムライタイガース(きさらぎ賞3着)
等の活躍馬が、昨年度もエーシンフォワード(NZT2着・2勝)やタカラストーン(兵庫JGP2着・2勝)、
エーソングフォー(紅梅S・2勝)と活躍馬がでていますし、過去にはクロフネを筆頭にスピードワールド
ノボジャックノボトゥルーワシントンカラースギノキューティーエイシンガイモンカフェオリンポス
と活躍馬が多く輩出されています。ここ最近は大物はあまり出てきませんが、依然勝ち上がり率の
高いトレーニングセールであるといえるでしょうし是非ともチェックしておきたいところです。

栗東や美浦のトレーニングセンターではこの頃から2歳馬が少しづつ入厩してきますが、さすがに
目立ったものは少なく、取り立てて注目するほどではないでしょう。次期POGが少しづつ動き出して
きたと感じる瞬間ではないでしょうか。


【3月】
■主要レース
・皐月賞・桜花賞TR、毎日杯(Jpn3)、ファルコンS(Jpn3)、アーリントンC(Jpn3)
 UAEダービー(国際GII)
■市場
・バレッツ社・マーチセレクトセール
・OBS社マーチセレクテッド2歳トレーニングセール
■その他行事
・道営競馬、能検開始。


各GIレースのトライアル競走が始まります。指名馬がGI戦線に乗れるかどうか、GIでの有力馬と
なれるかどうか、順調であるかどうかと心配な時期ですね。

そんな中、海外では2歳トレーニングセールが頻繁に行われる時期になりました。2月後半に行われ
ファシグティプトン・コールダーセレクテッド2歳トレーニングセールとあわせてこの3つのセールは
要チェックでしょう。

ちなみに、昨年度のバレッツ・マーチセレクトセールからはアポロドルチェ(京王杯2歳S)が、一昨年
テラノフォースワン(期間内2勝)がでていますし、過去にはイーグルカフェがこのセールの出身
馬として活躍しました。

同様にOBS・マーチセレクテッド2歳トレーニングセールからは昨年の2歳王者ゴスホークケンが、
一昨年は、サープラスシンガー(クロッカスS)、シベリアンバードがPOG期間に活躍しています。

3月後半からは地方競馬の先頭を切ってホッカイドウ競馬にて能力試験(以下、能検)が行われ
始めます。基準タイムより大幅にクリアするもの等は目を付けておいてもいいでしょう。新馬戦を
(フレッシュチャレンジ)含め、道営競馬から北海道シリーズでの即戦力が見つかるかもしれません。
がんばれ!ホッカイドウ競馬・能検はこちら
http://www.h-keiba.net/noken/index.htm


そして、UEAダービーもこの時期に行われます。UAEでは馬齢表記を南半球の基準で定めている
為、どうしても南半球産の馬が優位なレースですが、海外のレースにPOG指名馬を送り込めると
いうのはなかなかできるものではありません。この時期の3歳馬への負担を考えれば参戦はほぼ
ありえませんが、それでもココ3年は日本からの参戦もありますので、海外遠征へ積極的な厩舎の
所属馬はチェックしておきたいところです。

ちなみに、1着賞金は日本ダービーとほぼ同額(120万米ドル)です。魅力はありますが、さすがに
ここは無理でしょうね(苦笑
2006年のフラムドパシオンが3着、2007年のビクトリーテツニーが5着に入線しています。


【4月】
■主要レース
・毎日杯(Jan3)、ニュージーランドT(Jpn2)、桜花賞(Jpn1)、皐月賞(Jpn1)
■市場
・JRAブリーズアップセール(4/28)
・ドンカスターブラットストックセールス社ブリーズアップセール
・キーンランド社エイプリル2歳トレーニングセール
・タタソールズ社ブリーズアップセール
・イースターイヤリングセールパート1・パート2
■その他行事
・産地馬体検査(岩手、函館)、第1回北海道地区。
・優駿5月号発売。
・各競馬雑誌にてPOG関連企画が少しづつ始まりだす。
・ホッカイドウ競馬において新馬戦(フレッシュチャレンジ)開始。
・東スポ(大スポ)2歳馬情報開始。


クラシックシーズンに突入し、POG的にも大詰め。桜花賞〜ダービーまでのGIシリーズに入ります
が、POGファンにとっては来期のPOG人気(良血)馬がきになるところ。とりわけ、4月後半に行われる
第1回の産地馬体検査にはPOG良血馬が大挙集結するとあって次期POG的には注目度大の一大
イベントとなります。

産地馬体検査とは、個体の特徴検査、馬体検査等を行い、調教師と正式に預託契約 を結びこと
を目的としており、これによってJRAへの競走馬登録が完了したことになり、美浦TCや栗東TCに
入厩しなくても、牧場から直接函館、札幌競馬場に入厩できるというメリットがあります。

ただし、この時期の産地馬体検査を受検する競走馬は早期デビューに直結しないものが多いのが
現状です。順調に育成されているかの目安の1つと見るのが正解でしょう。

そして、JRAのHP上など一般に情報が流れるのは実施から2〜3週間後あたりというのが悩ましい
ところです。POG人気馬の情報をいち早く掴みたいだけにこの次期が一番フラストレーションが
溜まるところと言えるでしょう(笑)

また、国内の2歳市場はトレーニングセールが始まります。JRA主催のブリーズアップセール
JRAのHP内でも比較的詳しく情報がみる事ができ、今年度のセイウンワンダーダイワパッション
が重賞を制し、ハロースピードアマノチェリーランエイシンイッテンなどのPOG的活躍馬も輩出
されていますのでチェックは必要です。また、セールで購買⇒即入厩と、即戦力となりうる可能性
が高いのもPOINTです。有力馬主の落札馬、高額取引馬はチェックしましょう。

前月に続いて海外の2歳トレーニングセールもいくつか行われています。昨年度はキーンランド社
エイプリル2歳トレーニングセール
からダノンゴーゴー(3勝・ファルコンS勝ち)が、一昨年のタタソール
ブリーズアップセール
からはダノンオーガスタが出ています。要チェックですね。

ただし、海外の2歳トレーニングセール出身馬というのは、日本に輸入後、一旦体を緩めてからもう
1度作り直す事が多く、トレーニングセール=即戦力とはいい難いですが、試走映像やタイムを見る
事が出来るものが多く、効率良く戦力となる馬を見出す事ができるでしょう。

また、市場取引馬を含め外国産馬の輸入状況・馬名登録は日本軽種馬登録協会のHPで確認する
ことができます。馬名に関しても同じHP上で確認はできます。流れとしては、日本で馬名申請後、
生産国にて同様に馬名の登録が行われる事が義務付けられているようです。

オーストラリアではイースターイヤリングセールが行われます。が、こちらは南半球産であり、正直
POG的には扱い辛いでしょう。しかし、キンシャサノキセキのような馬が出てこないとも限りません。
一応チェックはしておきたいものです。ロックドゥカンブはこのセール出身馬です。
キンシャサノキセキはセール取引馬ではありません…)

ホッカイドウ競馬においては前月より始まった能力検査に続き、新馬戦(フレッシュチャレンジ)が
スタートします。第2のコスモバルクアローキャリーが既に走っているかもしれません。
夏の北海道開催ででも部類の強さを見せてくれる道営組です、能検でのタイムと併せてチェック
してみては如何でしょうか。意外な即戦力が見つかるかもしれません。

皐月賞の頃になると東スポ(大スポ)2歳馬情報が始まります。毎週火曜日〜木曜日の紙面上に
小出しに情報を掲載。この連載が始まりだすとPOG本の発売もカウントダウン、競馬雑誌でのPOG
関連の記事も増えてき、POGプレイヤーにとっては春の訪れを告げる風物詩のようなものです。
各種POG本(Gallop)の発売日発表、競馬雑誌でのPOG関連企画などが始まりだすと
来期のドラフトに向けてテンションが上がってき出す頃ですね。


【5月】
■主要レース
・フローラS(Jpn2)、青葉賞(Jpn2)、プリンシバルS(OP)
・NHKマイルC(Jpn1)、オークス(Jpn1)、日本ダービー(Jpn1)
■市場
・千葉サラブレッドセール(5/19)
・HBAトレーニングセール(5/26)
・ひだかトレーニングセール(5/27)
・九州セール(2歳トレーニング&1歳)

■その他行事
・各競馬雑誌にてPOG企画掲載。
・各種POG本発売(赤・青・白・Gallop)。


POGシーズンも1年の大詰めです。果たして無事勝ち組に入れたでしょうか、それとも今年は成績
が伸びなかったでしょうか?この時期に指名馬がGI路線から外れている方は心は既に次のシーズン
に向いているはずです(苦笑)。そして、有力馬をGI戦線に送り込んでるPOの方は結果が待ち遠しい
日々が続いてるはずですね。

そんな中で、一気に次期シーズンへテンションが上がっていくのが各種POG本(Gallop
の発売でしょう。例年通りならオークスの週あたりに発売が集中します。また、net上の有料資料も
この時期に発売(発送)されるはずです。

また、POG本には情報の掲載が難しいものの、注目の国内トレーニングセールが多数開催され
るのもこの時期です、ここでも即戦力候補のチェックは怠らないようにしたいものです。
とりわけ、情報量は一番少ないものの、ひだかトレーニングセールは是非ともチェックしておいた
方がいいでしょう。過去にはサトノプログレスヤマカツスズランテンザンセイザイクスキューズ
ブルーイレヴンメイショウムネノリ等の重賞馬が輩出されています。

HBAトレーニングセールは重賞馬がヒシミラクルのみ(しかも期間外)と寂しいものの、情報量も
比較的多く、当たり外れの判別は他所トレーニングセールよりも容易かもしれません。
コスモマーベラスフェザーケープなどの中当たりは引ける可能性はあるでしょう。

最後に千葉トレーニングセールですが、こちらも目立った活躍馬はでていないものの、社台Fや
吉澤ステーブルから意外な良血馬が上場される事があります。また、美浦から比較的近い事も
あって、関東の有力馬主の購買が見込めるかもしれません。POG的に注目も低い事から意外な
穴馬が見つけられる可能性は十分あるでしょう。

国内の当歳・1歳・また2歳のトレーニングセールの情報は一括して馬市.comさんで見ることが
できます。またblogの方でも随時最新情報を更新されていますのでチェックして損はないでしょう。

そして、ゴールデンウィーク明けからは少しづつですが社台RHサンデーRラフィアン等の一口
クラブ馬の募集馬がアップされだしてきます。あわててチェックする必要はありませんが、再来年
のPOGも少しつづ動き出しています。

POG本の発売。トレーニングセールの結果が出揃ったら後は全てを照らし合わせて次期シーズン
の指名馬選びに精を出すだけです。もう一踏ん張りがんばりましょう!
そして、無事GIをゲットし、優勝されたPOGプレイヤーの方はおめでとうございます。その調子で
来期も頑張りましょう!
POG Guide | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment
Trackback URL
http://pgp-info.jugem.jp/trackback/29
Trackbacks